ヘビースモーカー看護師さん

昔、とある田舎町に住んでいたときのことです。

その町に2軒しかない「内科・小児科・外科」でのこと。

数人いらっしゃる看護師さんのうち一番年配の看護師さんが、そばに寄るとすっごくタバコ臭かったんです! それまではその方のそばに寄って気づいたことはなかったんですが......。

今思うと、ちょうどお昼休みの後の時間帯だったんでしょうね。そこのお医者さんで働いている若い看護師さんたちは皆可愛らしくて愛想もよくて本当に「白衣の天使」という感じだったのですけど、その方だけが「意地悪ばあさん」みたいな感じで、ドスの利いた声で若い看護師さんたちにあれこれ命令していて「婦長さん」と呼ばれていたのですが、大のタバコ嫌いの私はそのときは本当に吐き気をこらえるのが精いっぱいで、以後二度とそこの医院へは行ってません。

いくら経験や知識が豊富でも、患者の健康状態や精神状態をさらに悪化させるような看護師さんではダメだと思います。これから看護師さんを募集するお医者様は、ぜひ非喫煙者さんを選んでください! か弱い患者を代表してぜひお願いします。

あと、これは看護師さんとは関係ありませんが、別の町には患者の待合室内に「喫煙コーナー」を設けてある医院もあります。整形外科で、喫煙率の高いお爺さんが多いのはわかりますが、駐車場も広いのですから喫煙所は外に設けてほしいです。その町にはそこしか整形外科がなかったので私は泣く泣くそこへ通っていました。

都会ではこんな看護師さんやお医者さんはないんでしょうね、きっと。

このブログ記事について

このページは、せるくが2013年4月19日 15:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「きっかけは、脳の病気でした」です。

次のブログ記事は「セカンドオピニオンの大切さ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。